ダウンロード   サポート   使い方ガイド  
   

Free Video Converter 2.1:字幕、ISO、DVDフォルダ

2011年 02月 12日
rssRSS

2010年7月、Freemake製品をリリースしました。それ以来、ユーザーから何千ものフィードバックや改善提案が寄せられています。最も人気のあるオプションを製品に追加しようとしました。本日のリリースでは、「Freemake Video Converetr」に重要なアップデートが適用されています。

更新されたバージョン 2.1.0では、DVD、MOV、MKVムービーファイルに埋め込まれた字幕のサポートに加えて、外部字幕SSA/SRT/ASSのサポートが追加されました。Freemake Video Converterの更新版をインストールすることにより、外国の映画に日本語の字幕を付けて楽しむことができます。

役立つヒント。ビデオカメラで撮影した高品質のMOVファイルをより汎用的な形式に変換できます。MOVをMP4へ変換する方法についてはこちらのページをご覧ください。

main interface

ムービーに字幕を追加するには、次の手順に従います。

  1. インターネットから映画字幕をダウンロードします。
  2. Freemake Video Converetrの更新版をインストールして開きます。
  3. 字幕を付けたいムービーを追加します。
  4. 追加したファイルがソフト画面に表示されます。ファイル名の横に「字幕なし」というテキストが表示されます。「字幕なし」をクリックし、ドロップダウンリストから「字幕を追加」オプションを選択します。
  5. 字幕ファイルを選択します。
  6. 出力フォーマット、既製のプリセットを選択し、保存先を設定し、変換を開始します。

DVDの書き込みに関して多くの改善が行われました。複数のDVDを自由に書き込むことができます。

DVDの作成は、最も人気のある機能の1つです。ユーザーは毎日、ホームパーティーや旅行のビデオを収録した膨大な数のDVDディスクを作成しています。ユーザーがビデオプロジェクトを作成し、それを失ったことが起こります。そして、それを再び始めなければなりません。当社の製品の更新バージョンをインストールすることにより、Freemake Video Converetrでプロジェクトを作成し、ISOイメージまたはDVDフォルダーとして保存して、後でDVDに書き込むことができます。

更新されたビデオコンバーターを使用すると、DVDディスクの内容をISOイメージまたはDVDフォルダーとしてハードドライブに保存できます(詳細はこちら)。

プロジェクトをハードドライブに保存する場合は、次の手順に従います。

  1. ディスクに書き込むすべてのムービーをFreemakeツールに追加します。
  2. 「DVD」オプションをクリックし、左側の「メニューなし」をクリックします。
  3. 「フォルダに保存」または「ISOを作成」オプションを選択します。
  4. 「変換」ボタンをクリックして、プロジェクトをISOイメージまたはフォルダーとして保存します。

当社のビデオコンバーターをインストールすることにより、フォーマット間のビデオの変換、DVDコピー、クリップからの広告や不要なパーツの削除、写真のスライドショーの作成などを行うことができます。