日本語
  ダウンロード   サポート   使い方ガイド  
   

Free Video Converterの新しいアップデート

2010年 11月 02日
rssRSS

2010年11月02日、「Freemake Video Converter」の重要なアップデートがリリースされています。更新されたバージョンでは、プリセットエディターが統合されました。ユーザーはファイルの出力オプションを設定できるようになりました。ビデオとオーディオのコーデック、フレームサイズ、フレームレート、サンプルサイズ、サンプルレートを設定して、カスタムプリセットを作成でます。アイコンを選択し、プリセットに名前を付けて保存します。初心者ユーザーは、デフォルトの設定である「ソースと同じ」をそのまま使用できます。

お使いのPCにFreemake Video Converterがインストールされていない場合は、今すぐ入手しましょう。ツールのオンラインバージョンとオフラインバージョンの両方を入手できます。オフラインバージョンをダウンロードして、インターネットが接続されていないパソコンにインストールして使用します。

ツールがインストールされたら、それを実行し、別の形式にエンコードしたいマルチメディアファイルを追加します。画面下部で出力フォーマットを選択します。 適切なボタンを押して、「出力パラメータ」ウィンドウを表示します。ドロップダウンメニューから「カスタムプリセットを追加]」を選択します。プリセットを頻繁に使用する場合は、上部にプリセットの名前を入力します。

お使いのガジェットが対応しているオーディオとビデオの設定を確認します。Freemakeツールのプリセットエディターに戻り、オーディオとビデオのコーデック、ビットレート、フレームサイズ、フレームレート、サンプルサイズ、サンプルレートを設定します。変更がムービーに適用されるように、設定を保存してエンコードプロセスを開始します。

ビデオコンバーターの更新バージョンでは、新しい出力形式が追加されました。これで、ユーザーはビデオをSWF、MKV、MPEGおよびその他の形式にエンコードできるようになります。ビデオファイルをSWFにエンコードしてWebページに埋め込むことができます。このアプリを使用すると、ビデオをMKV形式にエンコードしたり、逆にMKVビデオをモバイルデバイスで再生される形式にエンコードしたりできます(例えば、MKV MP4 変換方法はこちら)。Apple、Sony、Androidデバイス向けの新しいプリセットを追加しました。

main screen FVC

更新されたバージョンでは、出力ファイルのサイズを設定できます。このオプションは、「変換する」ボタンの横にある出力パラメーターウィンドウで使用できます。必要なサイズ(700 MB、1.4 GB、4.7 GBなど)を入力し、「OK」をクリックします。品質の低下を防ぐため、ツールが推奨するサイズよりも小さいサイズを入力しないでください。ファイルサイズを小さくする方法はこのページで詳しく説明されています。

さらに、1パスおよび2パスのコーディングを選択して、品質と速度の比率に影響を与えることができます。お使いのパソコンでCUDAを有効にして、変換を高速化し、CPUの負荷を軽減できます。

新しい機能について質問がある場合は、当社のテクニカルサポートにお問い合わせください。

その他の役立つヒント

当社のソフトウェアを使用すると、ファイル形式を変更できるだけでなく、ビデオファイルをマージおよびカットしたり、字幕を付けて外国の映画を変換したり、写真と音楽を組み合わせたスライドショーを作成したり、ビデオをDVDに書き込んだり、DVDビデオをコピーしたりできます。美しいメニューを付けてDVDディスクを作成できます。