ダウンロード   サポート   使い方ガイド  
   

Freemakeは、DXVAテクノロジーによって変換速度を増加

2011年 05月 21日
rssRSS

本日のリリースでは、「Freemake Video Converter」に重要なアップデートが適用されています。Freemake Video Converter 2.2ベータ版は、DirectX Video Acceleration(DXVA)テクノロジーをサポートするようになりました。これにより、HDビデオ変換の速度が最大50%向上します。エンコーディングは全体または一部がグラフィックカードで行われるため、CPU使用率が大幅に削減されます。

DirectX Video Acceleration(DXVA)は、Microsoft WindowsおよびXbox 360プラットフォーム用に作成されたMicrosoft API仕様です。このテクノロジーにより、ユーザーはハードウェアアクセラレーションを使用してムービーファイルをエンコードできます。

このテクノロジーは、H.264、MPEG 2及びVC-1コーデックのメディアファイルのみをサポートすることに注意してください。

DXVAテクノロジーは、ビデオコーディングツール、DVDコピーソフト、マルチメディアプレーヤーで主に使用されています。サポートされているハードウェアグラフィックスカードには、ATI Radeon HD、NVIDIA GeForce、および新しいIntelカードが含まれます。ほとんどのWindowsコンピュータはこれらのタイプのカードを使用するため、DXVAアクセラレーションオプションを使用できる可能性が十分にあります。

お使いのパソコンにNVIDIA GeForceチップが搭載されている場合は、メディアファイルのエンコード中にCUDAアクセラレーションとDXVAアクセラレーションの両方を使用できます。リアルタイムハードウェアアクセラレーションを利用するには、最新のグラフィックスカードと強力なマザーボードが必要です。

Freemake Video Converterでアクセラレーションを使用するには、次の手順に従ってください。

  1. 公式ページから更新されたソフトウェアバージョンをダウンロードします。
  2. Windowsを搭載したパソコンにアプリケーションをインストールして実行します。
  3. アプリを開き、ムービーを追加します。
  4. 「ファイル」メニューに移動し、「オプション」を選択して、「アクセラレーション」タブをクリックします。
  5. 利用可能なすべてのアクセラレーションを有効にします。
  6. 出力ファイル拡張子を選択します。
  7. 変換プロセスを開始します。

video converter

いくつかのアクセラレーションオプションが利用できない場合は、ハードウェアがこれらのオプションをサポートしていないことを意味します。 可能であれば、ハードウェアを更新することをお勧めします。変換されたファイルに問題がある場合は、アクセラレーションを無効にして、アクセラレーションなしでファイルをエンコードしてみてください。当社のツールには、エンコードに最適なパラメーターを決定するためのアルゴリズムもあります。 CUDA及びDXVAのオン/オフを切り替えて、各ファイルの変換を最速にすることができます。

FreemakeがDXVAをサポートするのは、H.264およびMPEG2エンコーディングを使用する場合のみであることに注意してください。これは、H.264コーデックを使用するAVI、MKV及びMP4ファイルをツールに追加した場合にのみ、テクノロジーが機能し始めることを意味します。

新機能について質問がある場合は、テクニカルサポートチームにお問い合わせください。私たちの専門家があなたの質問に喜んで答えます。

その他の役立つヒント

更新されたFreemake Video Converter 2.2をインストールすることにより、デジタルカメラまたはiPhoneで撮影したHD画質のMOVファイルを変換することが出来ます(MOV MP4 変換方法はこちら)。パソコンに保存されているAVIファイルを、スマートフォンやタブレットで再生するためのより汎用的な形式に変換します(AVI MP4 変換方法はこちら)。