AVIをMP4、MP4をAVIに変換する
フリーソフト【無料・無劣化】

簡単かつ無料でAVIをMP4に変換できるフリーソフトを紹介します。AVIからMP4形式に変換することはもちろん、逆にMP4からAVIなどの形式に変換すこともできます。AVIの動画ファイルを高画質のMP4に変換して、スマホで再生しましょう。オンラインビデオやスマホで撮影した動画をAVI形式に変換して、パソコンまたはテレビの大画面で楽しむことができます。日本語に対応しているので、初心者の方も安心して使用できます。
無料ダウンロード
簡単な指示:
1. Windows用フリーソフトをインストールする
2. MP4またはAVIファイルを追加する
3. AVIまたはMP4形式を選択する
4. ファイルの出力設定
5. MP4をAVI、AVIをMP4に変換する

MP4をAVIに変換する方法とその逆:

1

Windows用フリーソフトを
インストール

このページからFreemakeのビデオコンバーターをダウンロードしてください。インストール ファイルをダブルクリックし、画面に表示される指示に従います。

FreemakeのフリーウェアはWindows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10上で動作します。

ほとんどのPC雑誌は、Windows10で今すぐ使えるフリーウェアにFreemakeソフトを収録しました。窓の杜、ギガジンおよび他の多くのウェブサイトでレビューされています。
2

MP4またはAVIファイルを追加

インストール処理が完了すると、ソフトが自動的に起動します。ウィンドウの左上隅にある「+ビデオ」ボタンを使用するか、またはドラッグアンドドロップでMP4及びAVIファイルをソフトにインポートします。

最大ファイルサイズの制限はありません。複数のファイルを一度に変換するが可能です。
3

出力形式の選択

プログラム画面の下部で、AVIまたはMP4形式を選択します。

プログラム画面の下部にある「AVI」ボタンを押すと、新しいウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、特定のデバイスで再生するための出力ファイルのパラメータを選択できます。サムスン、ソニー、LGまたは他のテレビで再生するには、「TV quality」オプションを選択してください。元のファイルがHD画質の場合、ファイルの解像度に応じて「HD 720p」と「HD 1080p」のいずれかを選択できます。ムービーを元の画質で保存するには、「ソースと同じ」を選択します。

「MP4」をクリックすると、MP4エンコードパラメータを設定できるウィンドウが表示されます。ウィンドウで、必要なビデオ品質を選択するか、「ソースと同じ」オプションを選択します。
4

ファイルの出力設定

画質を選択したら、出力ファイルの保存先フォルダを設定します。ファイルをハードディスクに保存するか、USBメモリにエクスポートすることも可能です。元のファイルが削除されたり、置換されたりすることはありません。Freemakeソフトは新しいファイルを作成します。エンコードを開始する前に、ディスクに十分な空き容量があることを確認してください。
5

AVIからMP4、MP4からAVIへ変換

MP4をAVIに変換するプロセスを開始するには、青色の「変換する」ボタンをクリックします。Freemakeソフトウェアを使えば大量のビデオファイルを一度に高速で変換できます。ただし、長い映画や1GBを超える多数の動画を変換する場合は、時間がかかることがあります。

プロセスが完了するのを待つ必要はありません。 変換が完了すると、プログラムはPCをシャットします。