ダウンロード   サポート   使い方ガイド  
   

Freemake Video Converter 2.3 安定版リリース

2011年 06月 22日
rssRSS

DXVA(DirectX Video Acceleration)は、ビデオ処理の高速化するためにMicrosoftが開発したハードウェアテクノロジーです。この技術は、ビデオプレーヤー、ビデオエンコーダーソフトやDVDコピーソフトで使用されています。ユーザーの時間を節約し、テクノロジーをFreemake Video Converterに統合してさらに高速化することにしました。

2011年6月14日、Freemake Video Converter 2.2.0ベータ版をリリースしました。CUDA/DXVA自動切り替えの新しいアルゴリズムが追加されました。Freemake Video Converterは、グラフィックスカードに応じて、CUDAまたはDXVAテクノロジー、あるいは両方のテクノロジーを同時に使用できるかどうかを自動的に検出します。更新されたバージョンには、「オプション」メニューに「アクセラレーション」タブがあります。

お使いのパソコンでCUDAまたはDXVA(またはその両方)を使用できる場合は、アクセラレーションタイプのオン/オフを切り替えるオプションが表示されます。PCの性能が十分でない場合、アクセラレーションを使用すると、パソコンがフリーズしたり、ハードウェアがオーバーヒートしたりする可能性があります。

screenshot FVC

Freemake Video Converter 2.2.0ベータ版のテストで私たちを助けてくれたFacebookページのファンに感謝します。すべてのユーザーのフィードバックに感謝します。すべてのユーザーフィードバックを調査し、アルゴリズムの安定性を改善するために変更を加えました。

ソースコードを改善し、バグを修正した後、2011年6月22日にFreemake Video Converterの安定版2.3をリリースしました。更新されたビデオコンバーターは、DVXAサポートのおかげで最大50%高速な変換を提供します。

更新されたFreemake Video Converter 2.3をインストールすることにより、ビデオファイルを1.5倍速く処理できます。デジタルカメラまたはiPhoneで撮影したHD画質のMOVファイルを超高速で変換することが出来ます(MOVをMP4へ変換する方法はこちら)。

新しいソフトウェアバージョンに問題がある場合は、サポートチームにお問い合わせください。

その他の役立つヒント

当社のFreemake Video Converter製品をインストールすることにより、ビデオ形式間の変換、ビデオの編集、外国映画への日本語字幕の追加、DVDの書き込み、写真からのスライドショーの作成などを行うことができます。しかも無料です!

上部の「ガイド」タブには、Freemakeソフトウェアの使用方法に関する多数の詳細な説明があります。

質問がある場合は、Freemakeテクニカルサポートの専門家に連絡することもできます。