日本語

MP4をDVDに書き込む方法「3選」
MP4からDVDへの変換!フリーソフト

clip icon ファイルを選択
このページでは、MP4動画をDVDディスクに書き込み、家庭用DVDプレーヤーで再生する方法をご紹介します。Windows PCユーザー向けに3つの方法を選択して説明し、重要なポイントを指摘します。パソコン初心者の方にもわかるように詳しく解説しています。最も適したものをそれぞれ選んでください。
フリーソフトのダウンロード
目次
1. Freemakeソフトで MP4をDVDに書き込む方法
2. DVDStylerソフトでMP4動画をDVDデータに変換する方法
3. Windows10でMP4をDVDに書き込む方法(Windows 7以降適用)

MP4をDVDに書き込み、DVDプレーヤーで再生する3つの方法

1

MP4 DVD 書き込みフリーソフト「Freemake」

Freemakeソフトを使用するとiPhoneやスマホで撮影したMP4などの動画をDVDデータに変換し家庭用DVDプレイヤーで再生出来るようになります。独自のメニューを加えたDVD作成する事が出来ます。DVDメニュー背景としてあらゆるスタイリッシュなテンプレートを連休、結婚式、クリスマス、パーティー、子供向けなどテーマに合わせて選択またはオリジナルイメージも使う事が出来ます。

日本語版があり、使いやすく無料です。最新Windows10も対応しています。お手持ちのファイルを変換するには下記の説明に従って進めてください。

MP4をDVDに書き込むためのもの:
  • Windowsのパソコン
  • 記録型DVDドライブ
  • 録画用DVD-R/DVD-RW
  • MP4動画ファイル
  • Freemakeフリーソフト

ダウンロードとインストールの手順
まず初めに、こちらからソフトをダウンロードして、Windows搭載のパソコンにインストールしてください。このページの「フリーソフトのダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードすることもできます。ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとFreemakeのインストールが開始します。ウィザードの指示に従ってインストールを行います。インストールが完了するまで、しばらくお待ちください。

動作環境について
Freemakeフリーソフトは、Windows10で動作するように更新されました。Windows 7、8、8.1、Vistaにも対応しています。

フリーソフトの使い方
ステップ1:DVDに書き込みたいファイルの追加
Freemakeを起動し、DVDに書き込みたいMP4ファイルをドラッグアンドドロップします。もしくは、上部メニューにある「+ビデオ」をクリックし、MP4ファイルを選択します。ファイルが追加されたら、画面の下部にあるDVDアイコンをクリックします。

ステップ2:DVDデータ作成方法の設定
DVDアイコンをクリックすると、「DVD出力パラメータ」画面が開始します。

mp4 dvd 変換 フリーソフト

「DVDタイトル」の欄にディスクタイトルを入力します。DVDタイプを選択します(片面1.4GB・片面4.7GB・片面2層8.5GB)。

アスペクト比(画面の縦横比)は「16:9」または「4:3」を選択します。

日本ではNTSC規格を採用しているので、DVD記録方式を「 NTSC」にします。NTSC ビデオの標準解像度(480x720)が使用されます。

画面の右上にある「メニューなし」をクリックすると、「DVDメニュー編集」画面が表示されます。「DVDメニュー編集」画面で、メニュータイプ(テキスト、イメージ、カスタム背景)を選びます。左側にプレビューが表示されるので確認します。

mp4 dvd-video 変換

ステップ3:MP4 DVD 書き込み開始
「宛先」で、使用するDVDドライブが選択されていることを確認します。パソコンのDVDドライブに空のDVDを挿入します。「書き込み」ボタンをクリックして、ディスクの書き込みが終わるまで待ってください。「書き込みが完了しました」ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。これで、MP4のDVDへの書き込みが完了しました。出来上がったDVDを家庭用プレーヤーで再生して確認します。

Freemakeをダウンロード
2

MP4 DVD変換フリーソフト「DVD Styler」

DVDStylerは、MP4やその他の動画ファイル形式をメニュー画面付きの DVD データに変換してくれるソフトです。シンプルなテンプレートが用意されており、独自のデザインメニュー画面を作成可能です。実際DVDStylerソフトは本格的なDVDを仕上げるための多くの設定があります。しかし今回私たちはビギナー向けに基本的な使い方をご説明します。このソフトについて更に奥深く知りたい場合はインターネットで説明書を見つけることが出来ます。

本ソフトを起動すると、初期設定画面が表示されます。日本のDVD規格はNTSCであるため、映像形式をNTSCに変更しておく必要があります。その他の基本設定はデフォルトのままにしておくことができます。「OK」をクリックします。

mp4からdvd

DVDのタイトル名を入力して、メニュー用の画像を選択します。選択できたら「OK」をクリックします。基本操作画面が表示されます。画面の左上隅にある「ファイル」メニューをクリックし、DVDに書き込みたいMP4ファイルを選択して、ソフト画面の下部にドラッグします。

mp4をdvdに変換

ファイルを追加したら、メニュー画面を編集できます。ボタン、テキスト、イメージ、その他グラフィックオブジェクトはDVDメニューの任意の場所に配置します。フォント/色そして他のパラメーターを変更します。編集が完了したら、メニューバーの「ファイル」に移動して、「DVD 書込み」をクリックします。

注意する点は、メニュー画面に日本語テキストを入れると文字化けする場合があります。公式サイトからのダウンロードは寄付後のみ可能です。

DVDStylerをダウンロード
3

Windows10の標準機能でMP4をDVDに
書き込む方法

他のバージョンのWindows(Windows 7以降)と同様に、Windows 10にはDVD書き込み機能があり、特別なソフトウェアをインストールしなくても、すべてのタイプのファイルとフォルダーをDVDに書き込むことができます。

Windows 10に搭載された機能で、MP4をDVDに書き込む方法を紹介します。空のディスクをドライブに挿入すると、「このディスクをどの方法で使用しますか?」画面が表示されます。作成したDVDを、別のパソコンやDVDプレーヤーなどの他の機器で使用する場合は、2番目の方法「DVDプレーヤーで使用する」を選択する必要があります。

mp4 dvd 書き込み windows10 無料

ご注意!1番目の方法を選択した場合、作成したディスクを家庭用のDVDプレーヤーで再生することはできません。

ドライブ内を表示した画面が表示されるので、書き込みたいファイルをドラッグします。次に、ドライブツールに移動し、「管理」メニューを選択して、「書き込みを完了する」を選択します。

mp4 dvd 書き込み フリーソフト

書き込み速度はデフォルトのままにしておくことができます。「ディスクのタイトル」に任意のタイトルを入力して、「次へ」をクリックします。

mp4 dvd プレイヤー 再生

「お待ちください」画面が表示され、書き込みが開始されます。「ファイルはディスクへ正しく書き込まれました」画面が表示されたら、「完了」ボタンをクリックします。以上で操作は完了です。

これは非常に便利な方法ですが、それに従って独自のメニューを加えたDVDを作成する事は出来ません。このためには特殊なソフトを使う必要があります。

上記では、タイトルメニュー付きのDVDを作成できる2つのソフトウェアを紹介します。

まとめ
MP4動画をDVDディスクへ録画する3つの焼き方を記事で説明しました。

1つ目の方法は、Freemakeソフトを使いMP4形式の動画をDVDに焼く方法です。このソフトウェアは、さまざまなスタイリッシュなDVDメニューテンプレートを提供します。こちらは初心者向けなので、複雑な設定が面倒な方に最適です。

2つ目の方法は、多くの設定を提供するため、プロのDVD作成に適しています。

3つ目の方法はMP4ビデオをそのままDVDに焼く場合に適しています。あらゆるPCはもちろんの事DVDプレーヤーでも再生し大きなテレビ画面でも動画を楽しむことが出来ます。この方法でDVDメニューを作成はできません。