日本語

MP4をDVDに書き込むフリーソフト
Windows10対応!MP4からDVDへの変換方法

MP4動画をDVDディスクに書き込み、家庭DVDプレーヤーで再生する方法を紹介します。Freemakeソフトを使用するとiPhoneやスマホで撮影したMP4などの動画をDVDデータに変換し家庭用DVDプレイヤーで再生出来るようになります。日本語版があり、使いやすく無料です。最新Windows10も対応しています。お手持ちのファイルを変換するには下記の説明に従って進めてください。
フリーソフトのダウンロード
簡単な説明:
1. MP4をDVDに変換するフリーソフトをインストールする
2. DVDに書き込みたいMP4ファイルを追加する
3. DVDデータを作成する方法を設定する
4. DVDメニューの種類を選択する
5. DVDをMP4に書き込み、DVDプレーヤーで再生する

MP4をDVDに書き込みする方法

1

フリーソフトをインストールする
(Windows10対応)

スマホで撮影したMP4動画を画面が大きいテレビで楽しみたい場合は、MP4動画ファイルをDVDディスクに書きましょう。MP4をDVDに変換するには、まず専用のソフトをインストールしましょう。ここでは、「Freemake」というDVDをMP4に変換できるフリーソフトを使う方法を説明します。

ダウンロードとインストールの手順
まず初めに、こちらから ソフトをダウンロードして、Windows搭載のパソコンにインストールしてください。ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとFreemakeのインストールが開始します。ウィザードの指示に従ってインストールを行います。インストールが完了するまで、しばらくお待ちください。

動作環境について
Freemakeソフトは、Windows10で動作するように更新されました。Windows 7、8、8.1、Vistaにも対応しています。
2

DVDに書き込みたいMP4ファイルを追加する

Freemakeを起動し、DVDに書き込みたいMP4ファイルをドラッグアンドドロップします。もしくは、上部メニューにある「+ビデオ」をクリックし、MP4ファイルを選択します。ファイルが追加されたら、画面の下部にあるDVDアイコンをクリックします。
3

DVDデータを作成する方法を設定する

DVDアイコンをクリックすると、「DVD出力パラメータ」画面が開始します。

「DVDタイトル」の欄にディスクタイトルを入力します。DVDタイプを選択します(片面1.4GB・片面4.7GB・片面2層8.5GB)。

アスペクト比(画面の縦横比)は「16:9」または「4:3」を選択します。

日本では NTSC規格を採用しているですから、DVD記録方式を「 NTSC」にします。NTSC ビデオの標準解像度(480x720)が使用されます。
4

DVDメニューの種類を選択する

画面の右上にある「メニューなし」をクリックすると、「DVDメニュー編集」画面が表示されます。「DVDメニュー編集」画面で、メニュータイプ(テキスト、イメージ、カスタム背景)を選びます。左側にプレビューが表示されるので確認します。
5

DVDをMP4に書き込み、プレーヤーで再生する

パソコンのDVDドライブに空のDVDを挿入します。「書き込み」ボタンをクリックして、ディスクの書き込みが終わるまで待ってください。「書き込みが完了しました」ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。これで、MP4のDVDへの書き込みが完了しました。できあがったDVDを家庭プレーヤーで再生します。