動画をDVDに書き込みフリーソフト
(最新Windows10も対応!)

このページでは動画データをDVDディスクに書き込む方法について説明します。動画をDVDに書き込みDVDプレイヤーで再生しテレビの画面で見たい時はFreemakeのフリーソフトを使ってみてください。ソフトは日本語対応になっていて使い方はとても簡単です。初めての方でもすぐに使えます。しかも無料です。
無料ダウンロード
簡単な説明:
1. DVD書き込みソフトをインストールする
2. DVDに焼きたい動画を選択する
3. DVDの作成方法を設定する
4. DVDメニューの種類を選択する
5. DVDの作成を開始する

Windowsパソコンを利用してDVDビデオの焼き方

1

DVD書き込みフリーソフトを
インストールする

動画を家庭のDVDプレーヤーで楽しみたい場合、動画ファイルをDVDに書きましょう。動画をDVDに書き込むには、まず特別なDVD書き込みソフトをインストールします。ここでは、「Freemake」というフリーソフトを使う方法を説明します。

ダウンロードとインストールの手順
このページの「無料ダウンロード」ボタンをクリックします。
こちらをクリックしてダウンロードすることもできます。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールが開始します。ウィザードの指示に従ってインストールを完了します。

動作環境は、Windows 10、8.1、8、 7、VistaのOSであること。
2

DVDに焼きたい動画を選択する

ソフトを起動したら、上部メニューの「+ビデオ」ボタンをクリックします。「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。DVDに焼きたいファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

選択したファイルの詳細情報がソフト画面に表示されます。DVDに焼きたいすべてのファイルを選択します。選択が完了したら、画面下側の「DVD」ボタンをクリックします。すると、「DVD出力パラメータ」画面が開始します。

1枚のDVDディスクに最大40時間のムービーを書き込むことができます。
3

DVDの作成方法を設定する

「DVD出力パラメータ」画面が表示されたら、「DVDタイトル」の欄に好きなタイトルを入力します。

使用するDVDの種類とデジタル放送の規格を選択します。片面1層(4.7GB)または片面2層(8.5GB)のものを選択します。アスペクト比(画面の縦横比)は「16:9」または「4:3」から選びます。日本ではNTSC放送規格が採用されていますので、DVD記録方式は「 NTSC」を選択します。
4

DVDメニューの種類を選択する

「DVD出力パラメータ」画面の右上にある「メニューなし」をクリックします。「DVDメニュー編集」画面が表示されたら、右側の一覧からメニューの種類を選びます。メニューには、テキストメニューと背景画像の2種類があります。左側にプレビューが表示されるので確認しましょう。
5

DVDの作成を開始する

「宛先」で、使用するDVDドライブが選択されていることを確認します。WindowsパソコンのDVDドライブに空のDVDを挿入して、画面下側の「書き込み」ボタンをクリックします。書き込みが終了すると、「書き込みが完了しました」ダイアログボックスが表示されます。「OK」ボタンをクリックします。これでDVDの書き込みが完了しました。

出来上がったDVDをWindowsパソコンで再生して確認します。ここではWindowsパソコンで再生していますが、家庭用のDVDプレーヤーでも再生できます。