日本語

WMVをDVDに書き込み『無料』
最も簡単な方法

WMVをDVDに書き込む最も簡単な方法。WMVファイルをDVDに書き込んだり、映画や動画を、自宅の大画面で視聴でき、家族や友人と一緒に楽しめます。WMVをDVDに変換できるフリーソフトを紹介します。日本語に対応しているので、初心者の方でも手軽に利用できます。 ぜひ、試してみてください。

使いやすいインターフェース、高速、しかも無料!
無料ダウンロード
簡単な指示:
1. WMV DVD 変換フリーソフトをインストール
2. WMVファイルを追加します
3. DVDボタンをクリックします
4. DVDメニューを選択します
5. WMVをDVDに書き込みます

WMVをDVDに書き込むには、以下の手順に従ってください:

1

WMV DVD 変換フリーソフト
をインストール

「Freemake Video Converter」というフリーソフトを活用しましょう。このソフトをインストールと、簡単な方法でWMVをDVDに変換することができます。

WMVファイルを高画質でDVDに書き込むには、このページからFreemakeで開発されたフリーソフトをダウンロードしてください。これを行うには、画面を上下にスクロールし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックします。ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。ウィザードの指示に従ってインストールを完了します。

動作環境は、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 10のOSであること。
2

WMVファイルを追加します

「+ビデオ」ボタンを使用して、パソコンに保存したWMVファイルをソフトに追加するか、メインウィンドウにドラッグアンドドロップします。

ファイルが保護されていないか破損していないことを確認してください。メディアプレーヤーでWMVビデオを再生してみてください。WMVビデオが破損している場合は、DVDにも表示されます。Freemakeソフトウェアはビデオ品質を改善しません。
3

DVDボタンをクリックします

WMV動画を追加したら、「DVD」ボタンをクリックします。ドライブを選択し、空のディスクを挿入して「書き込み」ボタンをクリックします。

しかし、DVDメニューのような特別なオプションが必要な場合は、次のステップに進んでください。
4

DVDメニューを選択します

DVDメニューを選択するには、右上の「メニューなし」ボタンをクリックします。サムネイルなしのテキストメニュー、2つ以上のチャプターの画像メニュー、カスタム背景のあるメニュー(モーションなし)を選択できます。

あなたの地域で使用されているエンコードシステムを選択してください。NTSC規格は、アメリカと日本で使用されています。 PALは、ヨーロッパで使用されています。
5

WMVをDVDに書き込みます

空のディスクをDVDドライブに挿入します。DVD-RWディスクを使用することをお勧めします。出力先としてドライバを選択し、WMVをDVDに書き込むために「書き込み」ボタンをクリックします。WMVファイルをDVDを焼き、DVDプレイヤーで鑑賞しましょう。

WMVファイルをDVDに焼いて、映画や動画を家族や友人と一緒に大きなテレビで観ることが出来ます。