動画をMP3に変換するフリーソフト

動画をMP3に変換できるフリーソフトの使い方。様々な動画のファイル形式を高音質のMP3ファイルに変換できる無料ツールです。250以上のビデオフォーマットをサポートしたり、豊富な機能を提供しています。日本語版があるので、初心者でも簡単に操作できます。複数の動画ファイルをMP3に一括変換します。超高速、制限なし!動画をMP3に変換するには、以下の簡単な手順に従って下さい。

安全なインストール、使いやすく、しかも無料です!
無料ダウンロード
簡単な指示:
1. フリーソフトをダウンロードする
2. 動画ファイルを追加する
3. MP3ボタンをクリックする
4. オーディオ設定を選択する
5. 動画をMP3に変換する

超簡単!動画をMP3に変換する方法

1

フリーソフトのダウンロード

まず、「Freemake 動画MP3変換」をパソコンにダウンロード・インストールします。このページの下部または上部にあるボタンをクリックすると、フリーソフトをダウンロードできます。

Freemakeソフトウェアは、 Windows Vista、Win 7、Win 8、Win 8.1およびWindows 10で動作します。

公式サイトからのみFreemakeソフトウェアをダウンロードすることをお勧めします。
2

動画ファイルを追加する

ソフトを開きます。「+ビデオ」ボタンで、MP3に変換したい動画ファイルをソフトに追加します。ドラッグアンドドロップすることも可能です。1つずつ変換したり、すべての動画を一度にMP3に変換することができます。
3

MP3ボタンをクリック

画面下部の「MP3」形式を探し出して選択します。ドロップダウンメニューをクリックすると、さまざまなビットレートパラメータのプリセットが表示されます。リストから希望のビットレート(320kbps、256kbps、192kpbsなど)を選択します。ビットレートが高いほど、ファイルの重みが大きなることに注意してください。

動画をMP3に変換することが多い場合は、「星印」をクリックするとこのフォーマットをお気に入りに保存できます。
4

オーディオ設定の選択

「自分のプリセットを追加」をクリックすると、オーディオチャンネル(モノラルまたはステレオサウンド)、サンプルレートとビットレートを設定することができます。「OK」をクリックしてプリセットを保存します。
5

動画をMP3への変換

ファイルの出力先フォルダを指定します。「変換する」ボタンをクリックして動画ファイルを MP3 に変換します。変換が完了すると、抽出されたMP3ファイルは指定されたフォルダに保存されます。