動画をiPhoneに送信する方法
「形式変換も可能!」

clip icon ファイルを選択
パソコンに保存している動画をiPhoneに転送するには、ビデオファイルをiPhone向けの動画形式に変換する必要があります。Freemakeソフトを使用すれば簡単に行うことができます。このページからFreemake Video Converterをダウンロードしてお使いいただくことができます。動画をiPhoneに転送するには、以下の手順を実行してください。使いやすい!しかも無料です!
無料ダウンロード
簡単な説明:
1. フリーソフトをインストールする
2. ビデオファイルを追加する
3. 動画をiPhone対応の形式に変換する
4. カスタムプリセットを作成する(任意)
5. 動画をiPhoneへ転送する

パソコンからiPhoneに動画を送る方法

1

フリーソフトをインストールする

このページでは、「Freemake」というフリーソフトを使って、iPhone、iPad、iPodで再生できる形式に変換し、ソフトからデバイスに直接転送する方法を説明します。ソフトをダウンロードするには上の「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。 ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。 Freemakeのインストールウィザードが表示されます。画面に表示される指示に従って、インストールを完了します。インストールが完了すると、ソフトウェアが自動的に開始されます。

動作環境は、Windows Vista、7、8、Win 10のOSであること。

お使いのiOS デバイスをUSB ケーブルでコンピュータに接続します。「iTunes」というアプリがお使いのWindows PCにインストールされていることを確認してください。AppleのiTunesがパソコンにインストールされていない場合は、Microsoft StoreからiTunesをダウンロードし、Windows PCにインストールします。
2

ビデオファイルを追加する

インストールの完了後にソフトウェアを実行します。画面上部に並んでいるアイコンの中から「+ビデオ」をクリックして、パソコンに保存されている動画をソフトに追加するか、ドラッグアンドドロップします。

このソフトを使用すると、異なる形式の複数のビデオファイルを一度に変換して、iPhoneに入れることができます。

ヒント!DVDビデオファイルを追加したり、DVDをMP4に変換、iPhoneで好きな動画を楽しんだりすることもできます。
3

動画をiPhone対応の形式に変換する

画面上部に並んでいるアイコンの中から「Apple」をクリックして、iPhone用のプリセット(iPhone 5 S、5C、5、iPhone 4S)を選択します。独自のカスタムプリセットを作成することもできます。

カスタムビデオ設定を選択するには、次の手順に従います。
4

カスタムプリセットを作成する(任意)

カスタムプリセットを作成するには、ドロップダウンメニューから「自分のプリセットを作成します」オプションを選択します。表示されるプログラムの画面で、ビットレート、フレームサイズ、fps、オーディオおよびビデオコーデックを設定してから、「OK」ボタンをクリックします。
5

動画をiPhoneへ転送する

プリセットを選択するか、カスタムプリセットを作成したら、変換した動画を保存先フォルダを任意に指定します。

動画をiPhoneに転送するには、「iTunesへ転送」オプションを選択して、「変換する」ボタンをクリックします。「iTunesへ転送」オプションをマークすると、ファイルは自動的にiTunesに送信されます。

この画面では、出力ファイルのサイズを小さくして、デバイスのスペースを節約することもできます。長い動画のサイズを縮小して、iPhoneに入れます。目的の出力ファイルサイズを入力するだけですが、画質が劣化しない(無劣化)ように、推奨サイズよりも小さくしないでください。

変換プロセスが完了したら、動画ファイルがコンピューターのiTunesフォルダーにあることを確認し、iPhoneをiTunesと同期して動画をiPhoneに転送します。